海洋散骨BLOG

2012/01/30

1月22日 冬の合同散骨おこないました。

街中でもマスクをしている方が非常に増えてまいりました。

大寒冬になると言われている今年の冬ですが、海の上も、やはり非常に寒いです。

東京では、記録的な乾燥注意報が続いておりましたが、先日1月21日、22日の週末には、久々の雨が降りました。

22日(日)に東京湾でおこなわれた合同散骨の模様を報告いたします。

コピー ~ DSCF4013.JPG

合同乗船・代行委託をあわせまして、7柱のご遺骨を海にお還しいたしました。

DSCF4014.JPG

DSCF4024.JPG

 

羽田沖の散骨ポイントにて。

雨が降り続いておりましたので、通常デッキにあがっておこなう最後のお別れを船室でおこないました。

DSCF4041.JPG

 

散骨が終了し、しばらくすると、まるで何かの合図のように雨が止み、西側の空から晴れてまいりました。
そして、空港の向こう側に、富士山がくっきりと、非常に美しく見えました。

コピー ~ DSCF4089.JPG

 

この度、海に還られた故人の皆様のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

 

 

 

お気軽にご相談ください (24時間受付)

MENU