会社概要

代表挨拶

「お墓には入りたくない。沖縄の海へ散骨してほしい。」

2003年1月、急性白血病を発症し、9ヶ月の闘病生活の末に他界した母が病床で私に残した言葉です。

母は、病魔に侵される直前まで父と二人、国内外の海でダイビングを楽しんでいました。親兄弟や親族の中で一番最初にあの世に旅立つことがわかり、母の心中には様々な想いが駆け巡ったことでしょう。母の心の中をのぞくことはできません。しかし9ヶ月の間、毎日病室に通い、無菌室で地獄のような日々を過ごす彼女の傍にいた私は、その想いの意図はなんとなく理解することができ、希望は叶えてあげたいと思いました。

母の葬儀から1年が経ち、私たち家族は、母の遺骨を抱えて沖縄に飛びました。生前、家族ぐるみでお世話になり懇意にしていただいていたダイビングショップのオーナーに頼み込み、船を出してもらえることになりました。遺骨の粉末化とセレモニーは、インターネットでヒットした地元の業者に依頼しました。

その日はあいにくの曇り空でしたが、馴染みの場所から出港し、皆で透き通る海に遺骨を撒きました。ゆっくりと海底に沈んでいく遺骨は、それはとても綺麗で、今でもその時の映像が脳裏によみがえります。

散骨を終えて陸に戻る間、それまで一年以上、ぽっかりと穴のあいていた心がとても清清しく、すっきりするのを感じました。新しいことをはじめよう。前に進もう。その日をきっかけに少しずつ前進する気力が沸いてきたのを今でも覚えています。

それから数年後、縁あって村田船長と出会い、船を購入して事業を起こす際、心に決めたことがあります。
この「散骨」をライフワークにしよう。
様々なしがらみとの葛藤や、将来への不安、大切な人を失った喪失感など、悩みを抱える人々の手助けになるのなら、快く残りの人生を捧げよう。それが母の遺志を受け継ぐことになるのかもしれないから。

現在の日本において、散骨は、文学や映画、マスコミなどでも取り上げられ、世間的に認知はされてきていますが、まだとても一般的な葬送方法とは言えません。
日本人の伝統的な死生観、宗教観とは相反する部分もあるでしょうし、法整備も進んでいません。
それでも、この事業をはじめて10年、多くの方々の海へのご供養をお手伝いし、いろいろな方のお話をお伺いするうちに、散骨を希望される方の切実なニーズに直面し、今後もこのニーズは高まっていくだろうという確信を持つことになりました。

海は世界中どこでも繋がっています。
グローバリゼーションに向かう世界の市民として、四方を海に囲まれた国の住民として、私自身も最後は海に眠りたいと考えております。
そして、このサイトをご覧いただいている方全員に私がお伝えしたいことは、「形は変わっても想いは同じ」ということです。
形式ばかりで想いは何処へ?という従来の葬送に対する疑問や不満を多くの方から伺いました。
これから10年後、20年後、そして今の子供たちが自分たちの親をあの世に送る頃には、葬送の方式は現在の常識とはまったくかけ離れたものになっているかもしれません。それでも、自分にとって大切な人、自分という人間の一部を形作っている人を失ったときの気持ちは不変であると信じておりますし、そういう気持ちを大切に、今後もこの仕事を続けていきたいと考えております。

2015年2月

株式会社ハウスボートクラブ
代表取締役 村田ますみ

 

会社概要

商号

株式会社ハウスボートクラブ (英文表記:House Boat Club Co.,Ltd.)

本社所在地

〒135-0002 東京都江東区住吉2-2-4

公式サイト

http://hbclub.co.jp/

電話

03-6659-9801(代表)
03-6659-9802(散骨に関するお問い合わせ)
0120-364-352(フリーコール)

FAX

03-6659-9803

設立日

2007年2月15日

資本金

1,000万円

役員

代表取締役 村田ますみ
  取締役 村田弘英
  取締役 権守一城

主要業務

【1】 汽船を使用したセレモニー及び、各種パーティー、クルーズの企画・運営
【2】 水上・海上撮影の企画・運営及びコーディネート
【3】 船舶の運行業務
【4】 船舶の販売及び、船舶部品の販売
【5】 釣具の販売
【6】 生花の販売
【7】 飲食店の経営
【8】 損害保険代理業および生命保険の募集に関する業務
【9】 前各号に附帯関連する一切の事業

加盟団体

東京商工会議所
東京観光遊漁船協議会
一般社団法人 日本海洋散骨協会

許認可

旅客不定期航路事業者 国土交通省 関東運輸局 関東不1169号
遊漁船業者登録 東京都知事368号
江東区保健所 営業許可 26江健生食第2345号

スタッフ紹介

村田ますみ(むらたますみ)

株式会社ハウスボートクラブ 代表取締役
一般社団法人日本海洋散骨協会 代表理事
1973年東京生まれ。 同志社大学法学部政治学科卒業。
上智大学グリーフケア研究所 グリーフケア認定過程 在学中。
IT業界、花卉流通業界を経て、2007年 株式会社ハウスボートクラブを設立。東京湾を中心に、パーティークルーズ事業と海洋散骨などのメモリアル事業を展開。2015年 都内初の終活コミュニティカフェをオープン。
「きっかけはインターネットでも、ひとつのご縁。出会いを大切に、丁寧に真心をこめて接したいと思います。いつでもお気軽にお声かけ下さい」

著作 『お墓に入りたくない!散骨という選択』(朝日新聞出版)

村田弘英(むらたひろひで)

ブルーオーシャンセレモニー 専属船長 (所有資格:小型船舶1級免許)
東京湾で各種パーティー船の船長を務める傍ら、散骨事業を担当
遺族との打合せから散骨実施、アフターフォローまで一連の散骨スタイルを確立
また、全国のマリーナと業務提携を結び、各地で散骨セレモニーの指導もおこなう
2007年 株式会社ハウスボートクラブの立上げに参加
前職までの経験を生かし、散骨コーディネーターとして活動中
「天候や風向風力を読みながら皆様を安全に散骨ポイントまでお運びいたします。また、往路復路での楽しめる観光ポイントもご案内させて頂きます」

権守一城(ごんもりかずき)

散骨コーディネーター
大学卒業後、大手葬儀社にて葬祭ディレクターとしてキャリアを積み、株式会社ハウスボートクラブに入社。
「様々な葬送の方法の中で、散骨の良さは、“自らの手で送る”ことが出来る点だと感じております。方法を決めるのは皆様です。どんな些細なことでも一緒に考えますので、どんどんリクエストをぶつけてください」

中島みづき(なかじまみづき)

散骨コーディネーター
駿台トラベル専門学校葬祭マネジメント学科にて、葬祭の知識を身につけ、株式会社ハウスボートクラブに入社。
「供養のかたちのひとつとして海洋散骨に興味があり、“大切なのは偲ぶ心”という会社の理念に共感いたしました。人と人とのつながりは温かいもので、かけがえのないものだと感じながら日々努めております」

  • お電話でのお問い合わせはこちら

  • WEBでのお問い合わせはこちら

MENU